D2Cとは何を指すのか

D2Cという言葉をご存知ですか?
最近この言葉を知り、詳しく調べています
今回は今まででわかったことをまとめていきます
はじめに簡単に結論をまとめます

  • D2CとはDirect to Consumerの略でビジネスモデルを指す
  • ECとSNSを活用する事で広告費、中間マージン、家賃などのコストを無くし、高価値の商品を生み出すことを実現するビジネスモデル
  • SPA(製造小売)は大量生産による不特定多数をターゲットにしており理念が異なる
  • 重要な要素としては、価格の透明性、ブランド理念に基づいたコミュニティ形成、顧客とのインタラクティブなコミュニケーション

B、C、Dとは

B2C,B2B,C2Cという言葉を聞いたことがある人も多いとは思いますが、ではDとはなにを指すのでしょうか?
一度全ての用語をおさらいし、D2Cについて深く調べてみたいと思います

BはBusiness(企業、法人), CはConsumer(消費者), DはDirect(直販)、ちなみに2はto(二つの関係性を示す)をそれぞれ意味しています

それぞれの組み合わせで、ビジネスモデルを表します

B2B : 企業から企業への取引 

B2C : 企業から消費者への取引 例 : 無印、ニトリ、IKEA

C2C : 消費者同士の取引 : メルカリ、minne、BASE

B2CとD2CそしてSPAとは

B2Cではメーカーが消費者と売買を直接行います
しかし商品が消費者に届くまでの間に、企画、製造、流通、販売とさまざまな中間マージンが発生してしまいます
また広告、セール、店舗費用が商品価格に乗せられているため、原価率は低くなる傾向にあります

一方で、D2Cでは、メーカーが一貫してそれらのプロセスを担うため、原価率が高く、価格に対する品質を高くすることが可能です
類似の用語にSPAというものがあります

日本においてはニトリ、ユニクロはその代表例です

多数の自社店舗を持ち、そこから得られた消費者のニーズを集積し、トレンド商品を企画、そして自社、提携工場での大量生産を行い、効率化によって低価格を実現しています
大量生産、大量消費の上に成り立つモデルのため、商品は一般化された平均的なものになります
D2CとSPAの最大の違いそれは、SPAは不特定多数に対して、D2Cは特定少数に対して商品を売っているということです

D2Cを理解するために

大量生産、大量消費という社会の中では、平均化されたトレンド商品を買うことが当たり前でしたが、SNSの発達とECへのハードルが下がったことにより、メーカーはパーソナライズした商品を生み出すこと、そして消費者はそれらを見つけ、購買することが可能になりました

D2Cの事例

D2Cの成功事例としてよくあげられているものに、WarbyParkerEverlaneGlossierがあります

https://www.warbyparker.com / アイウェア

https://www.everlane.com / ファッション

https://www.glossier.com / コスメ

こういったD2Cのブランドには多くの共通点がありますが特に私が気になったのは、価格の透明性そして、ほぼWEB上で完結しているという点です

価格の透明性

簡単に最安値、セールの情報にアクセスできるようになった現在、以前に増して価格競争が激化したことによって多くの消費者が原価と商品価格の関係性に疑問を抱くようになってきています

セールで値下げられた製品には、セールで売り切ることができれば最終的には利益になるように元の価格が決められています
ということは商品価格が商品そのものの価値を反映しているとは言いがたく、さらに店頭に並ぶまでの中間マージンを考慮に入れれば消費者はその全てのコストをある意味では負担しなくてはいけません

そういったビジネスモデルへのアンチテーゼとしてD2Cは始まったといえます
そのため、D2Cでは価格の透明性が重要になります
実際、Everlaneでは製造原価を公表しており、一般的なアパレルブランドの原価率との違いを公式サイト上にグラフにして公開しています

WEBを中心としたビジネス

例に挙げた3ブランドはアイウェア、ファッション、コスメといずれも実店舗での購買をイメージする商品に思えますが、どのブランドも実店舗を持つことを重要視しません

ネット以前であれば、実店舗を多く持つことによって、顧客のニーズをつかむことや、そもそも販路を獲得することもできませんでしたが、現在ではむしろ実店舗を持つことによってかかる家賃や人件費といったコストの方が大きいと考えているからです

また彼らは小売店への卸しをしないため全ての集客を自ら行っています
その方法はSNSを活用したコミュニティ形成とコアファンの獲得によります

SNSを単なるプロモーションのツールとせず、あくまでも顧客との対話の場とすることによって、製品のフィードバックをもらい、その意見を製品に反映することによってトレンドや一時の流行に流されない確実な商品を届けることを可能にしています

そして、ブランドの理念やストーリーを確実に理解してもらえるように努めて、莫大なマーケティング費用をかける代わりに共感するファンが自発的に拡散したくなるような商品作り、ブランドアイデンティティーを確立していっています

D2Cの定義や事例とその共通点について学んできましたが、後日改めて家具とD2Cについて記事にしてみたいと思います

参照サイト
https://atsushi-u.biz/2019/04/09/how-to-build-d2c-model-part1/
エバーレーンに学ぶD2Cモデルの作り方 / ハードボイルド(笑)
https://www.fastgrow.jp/articles/direct-to-consumer-5
5つの海外事例から学ぶ、D2Cをあえて選ぶ3つの勝ち筋 / FastGrow

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA