7月ノルウェーより

インターンを終えて

7月になり、デンマークでは多くの企業で夏休みが始まり、わたしがデンマークのフォルケホイスコーレを卒業してすぐに働くことになった家具デザインのオフィスも例外ではなく、6月の終わりから5週間の休みを取ることになりました

1月から6月末までの半年間のインターンはここで一旦終わり、夏休み後はAarhusというデンマーク第二の都市で、家具職人の工房へと行くことになります

以前、センスを磨くということをテーマに書いた記事にあるように

ものを作ることで、その裏にあるデザイナーの造形に対するセンス、作り手としてのディテールのセンス、また仕事に対する向き合い方などここで向上させることができればと考えています

ノルウェーで過ごす夏休み

7月の夏休みを今わたしはノルウェーで過ごしています

ノルウェーは物価が高いと言われる北欧諸国のなかでもとりわけ高く、ワーキングホリデーを利用してデンマークに来ている身分では、長期滞在を捻出することは不可能に近いです

レストランではランチで2000円、スーパーでもコーラのペットボトルが300円近くしたりと、日本での感覚では過ごせません

そこで、Workawayというサービスを利用して長期滞在を可能にしています

https://www.workaway.info/ -Workaway-

これはボランティアが必要なホストと長期で滞在をしたい旅行者をつなぐマッチングのプラットフォームです

Airbnbのような金銭のやり取りは発生せず、基本的には週に20時間程度の労働の対価に宿泊先と食事が提供されます

ノルウェーの長い一日

わたしが今いるのは、ノルウェーの南、西海岸側の湖と山に囲まれた夏休み期間だけに運営されているホステルです

ここでボランティアワークをして、あとはカヌーをしたり、ハイキングをしたりとここでしかできないアクティビティをしつつ、主にビジネス関連の本を読んだり、将来の構想に考えを巡らせたりと、贅沢な時間を過ごさせてもらっています

夜は23時まで明るく、朝は4時に明るくなるような太陽がなかなか沈まない場所で夏休みを過ごし、見聞を広めつつ、帰国後のサービス開始に向けて準備を進めたいと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA