職業訓練校とは

職業訓練校という制度についてご存知でしょうか?
一般には知名度が低いのか、この制度について知らない人が多い印象です
何か新しい分野を1から学ぶ際に非常に有効な場所だと思うので、一度まとめてみたいと思います

職業訓練校とは

職業訓練校とは

”ハロートレーニング(公的職業訓練)とは、雇用保険(失業保険)を受給している求職者を主な対象とする「公共職業訓練」と、雇用保険を受給できない求職者を主な対象とする「求職者支援訓練」の総称です。キャリアアップや希望する就職を実現するために、必要な職業スキルや知識を習得することができる公的な制度です。”

厚生労働省 「ハロートレーニングQ&A 」

今は、ハロートレーニングという名で呼ばれているようですが、この求職者支援訓練を与える機関を職業訓練校といいます

大事なことはテキストや材料費などの雑費を除けば無料であることです
むしろ条件を満たせば、雇用保険(失業訓練)をもらいながら学ぶことができるため、在学中はお金の心配さえいらない学びには最高の場になり得ます

訓練のコースと期間

学科の種類としては、IT、建設、介護、製造など多岐にわたります
手を動かす、実技を学べる場が多い印象です
下記のリンクから職業訓練校のコースの検索ができます

-厚生労働省- 公共職業訓練コースの検索
https://www.mhlw.go.jp/bunya/nouryoku/jarnal/tokusyu/2009_04.html

リンクに飛んでもらうとわかりますが、かなり使いづらいので、「学びたい分野+職業訓練校」でググるか、直接ハローワークで相談してみた方が早いです

訓練期間は数カ月から長いものでは2年間というものまであります
2年間の学校に通えば、雇用保険を2年間続けてもらえることになります

私が学んだ訓練校とスケジュール

私は高山にある岐阜県立木工芸術スクールという木工を一から学べる職業訓練校で学びました
木工家具の製作を目指す人には、一般的なキャリアの一歩目だと思います

入学の前年の春

在職中にハローワークに木工を学び、家具の業界に勤めたい旨を相談し、北海道の旭川、長野の上松、岐阜の高山の3校が候補に挙げてもらいました

北海道立旭川高等技術専門学院 / 造形デザイン科
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/kz/ahs/zoukei.htm

上松技術専門校
https://www.pref.nagano.lg.jp/agemagisen/

高山県立木工芸術スクール(2019/6現在ホームページ表示できませんが運営はされています)
https://www.pref.gifu.lg.jp/kensei/ken-gaiyo/soshiki-annai/shoko-rodo/mokko-school/

この中で唯一旭川だけが2年制です
1年でコンパクトに密に学びたかった私は上松と高山の2校に絞りました
各訓練校では一年に数回は見学会が開催されており、実際の訓練風景や施設を案内してもらえます
これには実際に参加しておくのがいいでしょう

上松と高山の見学会に参加しました
その際には、生徒の数人と実際に話す機会もありました
2013年時点の印象として、上松は周りに何もなく木工に集中するしかない環境で、木工家として独立嗜好が強い人が多く、高山は木工家具の産地としての土壌があり、就職を目指す人が多いという違いがあるように感じました

技術の習得と同じくらいに情報に価値があると考えた私は、産地としての土壌がありより大小様々な木工家具の企業がある高山で学ぶことを決めました

ハローワークで書類を整え、出願と受験の準備を進めます
職業訓練校は経済と相関関係があるらしく、特に不況時に倍率が上がります
私の受験時は2倍強でした
試験の内容は中学卒業程度の数学と国語そして一番重要なのが面接です
筆記試験は、カバーしきれない部分がありますが、面接は自分の思いを試験官に伝えられるようにしっかり準備しましょう

合格の通知をもらい、4月から高山の学校での生活が始まりました
同級生は一番下が高卒すぐの18歳、一番上が30代後半で平均は20代後半くらいでした

職業訓練校に通うメリット

高山での訓練校時代に設計製作した椅子
  1. お金の心配なく知識、技術の習得に集中できる環境を得られるということ
  2. 同じ目標を持つ年代の違う同級生と学ぶということ
  3. 就職の相談が在学中を通してできる

この3点が個人的には特に大きなメリットだったと思っています
新しいことを始める際に、経済的な心配をしないで済むというのは非常に大きいです
また年代や環境、考えが違う人と学び、考えを共有することで今までとは違った角度から物事を見つめる機会を得られました
そして1年間を通して、学内外の講師や見学先の企業の方々、先輩などいろいろな方の話を聞く機会や直接に話す機会を得ることで、自分が学んでいる分野の理解が深まり、就職活動をより具体的に戦略的に行えるようになります

職業訓練校のまとめ

職業訓練校とは、求職者向けの、知識・スキルの習得の機会を無料で得られる機関である
訓練のコースは多岐にわたる
メリットとして、
1. 在学中は手当をもらいながら通うことができる
2. 年代の違う同級生と学べること
3. 就職活動に有効である

いままでのキャリアとは違う分野を進む場合、誰もがどこからはじめていいのかわからないものだと思います
そんな時に職業訓練校は一つの有力な選択肢になると思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA